作りについて

木と木の組み合わせは金具を使わないホゾ組という昔ながらの工法です。
塗装は、器にはエゴマ油に島牧養蜂場の蜜蝋を混ぜた自家製塗料国産漆
テーブルや椅子には市販の植物性自然塗料を使っています。
接着剤は新湊創建さんで扱ニカワを主原料とした自然素材の接着剤など、
環境に付加の少ないものを選んでいます。
無垢の木の家具は使い込むほどに味わいが増します。
傷が付いて、染みが付いて、少しずつ家族の一員のように愛着がわいてくると思います。
自然との共生が求められるこれからの時代に自然豊かな北海道ならではのライフスタイルを提案していきます。
PROFILE
CONCEPT
WORKS
CONTACT
LINK
NEWS
DIARY
TOP
椅子
テーブル
キャビネット
小物
暮らしの道具を北海道の木で作る。

木について

ナラ、ニレ、ブナ、イタヤカエデ、セン、カバ、キハダ、クルミ、ヤマザクラ、シナ、タモ、クリ、等
使っている木は全て北海道育ち、何百年という年月をこの地で生きてきた木たちです。
材木屋さんで丸太で手に入れ製材から乾燥まで自分で行うことで無駄がなく信頼できる材料を使うことができます。
木目、色、香り、肌触り、節や腐れ、虫食い、木そのものが持つ表情、そして何よりも木の持つぬくもりをたいせつにしたいと思います。